岐阜で婚活・お見合いをするなら結婚相談所ディアブライダル

恋と愛の違いって何?

「恋」と「愛」たしかに別物と言えるかも知れませんね。
これらはとても抽象的なもので、敢えてそれを言葉にしようとすると
恋=理想を求め、相手の一挙一動が気になってしまい、常にドキドキしてしまうもの
愛=ドキドキが安心感に変化し、お互いが温かいものに包まれているもの
こんな感じになるのかな?と思います。

ただこれの境界は「昨日までは恋、今日からは愛!」などという明確なものでは無いですし、少しずつなだらかに変化していくものです。
そして、いつ恋から愛に変化したのか?は当人同士も分かりませんし、必要のないことだとも思えます。

結局大切なのは
「パートナーと良い関係のままできるだけ長くいられること」
だと思います。
ですから、自分がいい関係を築きたい、できるだけ長く続けていきたいという相手に対して
「これは恋だろうか、それとも愛だろうか?」
考えたり、迷ったりする必要はないと思います。
「結婚したいから、恋から愛へ上手く変化できないとダメ!」
と決めつけてしまうと、自分自身の感情が分からなくなって、思うように身動きが取れなくなってしまいます。

「付き合い始めにた頃に比べて連絡の頻度が落ちた…」
「最近態度が冷たくなったな…」
などと、最初と今の関係性が変わってきたら不安になるとは思います。
でも、自分の感情に敏感になり過ぎて、それに振り回されてしまうと、その先のもっと大切なことが見えてこなくなってしまいます。

そもそも相手が誰であれ、関係性というのは少しずつ変化していき、永遠に変わらないなどという事は有り得ません。
そこで大切になってくるのは、自分が誰と向き合いたいか、誰とだったら向き合い続けることができるか、どうやって向き合っていくか、それを考えていくことだと思います。
「この人と今よりもっといい関係を築きたい」
そう思い、努力できるかどうか。それが一番重要なのではないでしょうか?

結婚すれば、一緒に長い年月を過ごすことになります。
自分や相手の気持ちも当然変化していくでしょう。
ただその中でも、一番大切にしなければならない思いを常に忘れないようにして下さい。

私が次に個人で開催する、恋活イベントはこちらです。