名古屋で起業・開業したいなら結婚相談所開業支援

よくある質問

Q.会員数は何名くらいですか?
A.2018年4月現在、約29,000名※です。
※提携グループ含む

Q.会員の男女比は?
A.大体、男性54% 女性46% の比率です。

Q.支部(結婚相談所)の数は何件くらいですか?
A.2018年4月現在、約1,300支部※です。
※提携グループ含む

Q.良縁会は、できて何年になりますか?
A.1998年9月からサービスを開始しておりますので、2018年8月で満20年となります。

Q.結婚相談業は、まったく初めてですが大丈夫でしょうか?
A.結婚相談所は、特別な資格や経験が必要なお仕事ではありません。異業種から参入してくる方も多く、始める方の9割は業界未経験です。ほとんどの方が個人事業主として、開業されています。

Q.会員同士が直接やりとりすることはありませんか?
A.会員情報には、個人の連絡先などは一切記載しておりませんので直接連絡をとりあうことはできません。

Q.会員募集の方法には、どんな方法がありますか?
A.色んな方法がありますね。最近では、ホームページを作って募集されている結婚相談所さんも増えているようです。
新聞、雑誌などに広告を掲載する方法もあります。また、独自にパンフレットを作って、近所のお店などに配布している方もいらっしゃいます。まずはクチコミを期待して、友人・知人・取引先の皆さまに、挨拶状などを出されてはいかがでしょうか?

Q.会員さんの入会時に必要な書類はありますか?
A. 良縁会としての決まりはございません。一般的には、登録に必要なご本人の写真、本人確認のために運転免許証や住民票、独身であることを確認する謄本や独身証明書、男性の場合は、卒業証明や所得証明を頂いている結婚相談所もあるようです。お見合いを進め ながら、相手の相談所さんと話し合って、必要な書類を用意していただくようにされてはどうでしょうか。

Q.入会金やお見合い料の相場はありますか?
A.各結婚相談所のサービス内容、考え方によって、千差万別です。
ただ、入会時に沢山いただくより、お見合いや交際、成婚に至ったときに成功報酬としていただく方が、納得していただきやすいのではないでしょうか?また、良縁システムのインターネットまたは携帯サービスを活用して、検索情報提供料として、月額の会費をいただくこともできると思います。

Q.トラブルなどは発生していませんか?
A.これまで大きなトラブルなどは起こっていません。大切なことは、会員さんとのコミュニケーション、他の支部(結婚相談所)同士のコミュニケーションだと思います。トラブルと言えば大げさですが、ほとんどはコミュニケーション不足による勘違いが原因のようです。

Q.結婚相談所のニーズはあるんでしょうか?
A.未婚率は、年々増えていると報告されています。また独身者の多くは「相手がいれば結婚したい」と望んでいるそうです。
少子化という社会問題を考えても、社会的にニーズのある仕事だと思います。政府(経済産業省)が、結婚産業を支援する動きもあることから、注目されています。

結婚相談所を仕事として開業してみたいと思う方は、お気軽にお問い合わせ下さい。